後見人と被後見人の利益が相反する場面があります。

例えば、後見人が兄、被後見人が弟の兄弟だとします。

二人の両親の一方が亡くなられた場合、もう一方の配偶者と兄弟が相続人になります。

3人で遺産分割を行う状況になるのですが、その際に、兄が弟の代理をする場合には、兄は弟の利益を優先せずに自己の利益を図ってしまう恐れがあります。

これを、利益相反といいます。

この場合、後見監督人がいなければ、弟に特別代理人を選任して遺産分割協議は特別代理人が参加して行います。

兄は、弟を代理できません。

なお、特別代理人の選任は家庭裁判所に行います。