相続や贈与によって取得した財産から、一定の債務や葬儀費用などを差し引けます。

これを、債務控除といいます。

債務控除ができるものとしては、

  1. 借入金、未払金
  2. 被相続人が大家であった場合の預かり敷金(返還必要)
  3. 未払いの医療費
  4. 未払いの所得税、住民税、固定資産税
  5. 相続財産の取得・維持管理のために発生した費用
  6. 連帯債務
  7. 通夜・葬儀費用
  8. 遺体の搬送費用

 

以上などがあります。