生前贈与や生命保険などを上手く活用して、相続税の節税を図ろうとする方が多くなっています。

年間110万円の基礎控除と500万の生命保険料控除を併用するだけでも、かなりの節税効果があります。

早くから対策をすれば、資産が億を越えていても課税なしという結果になったケースもあります。

相続対策は、紛争予防もそうですが、節税の観点から考えても、早めに始めたほうがいいと思います。