相続について困って相談したい時、どこに相談に行けばいいのかわからないというお声を頂戴します。

士業にはそれぞれ専門分野がありますので、どの士業が何をしているのかわかりにくい面があります。

 

まず、行政書士は一番最初の窓口として最適です。

戸籍を収集して相続人を確定し、相続財産の調査も行います。遺産分割協議書を作成して、金融機関等の名義変更などを行う専門職です。

その際に、不動産登記については司法書士、相続税申告があれば税理士にと仕事を引き継いで完結させます。

最初の窓口であり、コーディネーター的であるのが行政書士とお考えいただければよいでしょう。

紛争になった場合は弁護士ですから、たいていの行政書士は各士業と連携できる体制を整えています。

もっとも、最初から調停や裁判を考えている場合などは、弁護士に相談に行かれたほうがよろしいでしょう。