遺産分割協議をいつまでに行わなければならないという期限はありませんが、相続税の申告期限は、相続開始後10か月以内です。

10か月といえば長いようにも思えますが、相続税の納税対象になる富裕層の資産を明らかにして評価し、遺産分割協議をまとめるのは、かなり時間的に厳しいものがあります。

納税期限までに協議がまとまらない場合は、法定相続分通りに分割したと仮定して相続税の納税を行わなければいけません。

その場合は、原則として相続税の各種特例が受けられません。

ただし、その後一定期間内に遺産分割協議がまとまれば、遡って特例が適用されますが、二度手間です。

できれば、生前準備をしっかりして、納税期限までに協議をまとめたほうがよいでしょう。