遺産分割協議には、指定分割と協議分割があります。

指定分割とは、被相続人が遺言で、遺産の全部または一部について、分割方法を定めることを第三者に委託する方法です。

協議分割とは、共同相続人全員の協議によって分割する方法です。

民法の法定相続分に従う必要はなく、相続人全員の参加と合意が必要です。

なお、遺産分割の効果は相続開始時にさかのぼって生じます。