遺言書の訂正は、遺言者本人が行うことができます。

形式については、法で厳格に定められていますので、形式に沿わない訂正は無効とされる可能性があります。

一方、誰かに改ざんされた場合は、もとの遺言は有効のままです。

改ざん自体されていないものとして扱われます。

なお、遺言書を改ざんした相続人は、相続欠格になります。

もっとも、遺言書の訂正を繰り返すと、もとの内容がわかりませんし、誰かに手を加えられたと誤解される場合がありますので、日付の新たな遺言書を作成したほうがよいでしょう。