内縁者、内縁の配偶者には、相続権がありません。

最近はいろいろな夫婦の形があります。

籍をいれない方もけっこう増えていますが、相続開始後は何ら請求できないのが原則です。

 

ただし、法定相続人が全く存在しないケースでは、家庭裁判所に申し立てて財産分与を請求できる方法があります。

手続がややこしいので、できれば故人が生前に何らかの対策を取っておくのが一番です。

 

もっとも、最近は時代に沿った民法の改正の動きがありますので、将来的にはどうなるかわかりません。

あくまでも、2016年現在です。