被相続人の生前に、贈与などで特別に財産をもらうことを特別受益といいます。

例えば、婚姻や養子縁組で受けた贈与、住宅購入資金や学費などです。

これらについては、相続開始後、相続分から特別受益を差し引いて受け取ることになります。

相続分の前渡し分のように考えられています。

 

ただし、特別受益が相続分より多い場合は、相続の際に受け取り分がなくなりますが、遺留分に反しない限り尊重されます。

遺留分を侵害している場合は、遺留分減殺請求の対象になります。