任意後見契約を締結すると、東京法務局に登記申請します。

ご相談の中で、登記はどうやって行うのですかと時折ありますが、任意後見契約締結時の登記は、公証役場の公証人が嘱託で行ってくれます。

契約当事者が何かの手続を行う必要はありません。

 

この点、不動産登記などだと当事者申請主義ですので、何かしなければいけないような気になるものです。

公証人に公正証書を作成してもらうだけで手続は完結します。

 

ただし、任意後見監督人の選任等をしてもらう際には、家庭裁判所に申立が必要です。

登記と他の手続は区別して考える必要があります。