遺言執行者の仕事は、遺言に基いて財産処分や不動産等の名義変更を行っていくことです。

手続きが複雑で難しいために行政書士や弁護士などの専門家が就任するケースが多いですが、親族などでもできます。

特に専門家である必要はありません。

というのも、遺言執行者がすべての手続をする必要はなく、自分ができない部分は各専門家に依頼すればよいからです。

遺言執行者の役割は、いわばコーディネーターです。

全体を俯瞰して、業務処理が滞りなく終了するように手配できれば大丈夫です。

我々専門家と言われる士業であっても、相続人確定や遺産分割協議書は行政書士、登記は司法書士、紛争は弁護士、相続税申告は税理士に等役割分担して業務を行います。

ですから、親族が就任して、各専門家にそれぞれ依頼する方法でもよいのです。