養子は実子と同じ扱いとなりますので、養子を増やせば、相続税の算定の際に基礎控除が増えます

法定相続人が増えますので、適用税率も減少します。

相続税の節税対策になります。

しかし、相続税上は、養子として認められるのは、実子がいる場合は一人、いない場合は二人までです。

それ以上は、認められません。

ただし、孫養子等については税額が2割加算されます。