贈与税の非課税財産は、

  1. 日常生活上必要な範囲内
  2. 社会通念上相当と認められる範囲

です。

以下のような例があります。

①扶養義務者から生活費や教育費として贈与を受けた財産

香典、見舞金、結婚祝い金

法人からの贈与により取得した財産

④相続開始の年に被相続人から贈与を受けた財産

⑤一定の公益事業を行う者が贈与により取得した財産

ただし、公益事業に供することが必要です。

離婚による財産分与により取得した財産

不動産等資産を贈与した場合、譲渡所得税の対象になる。

⑦特別障害者扶養信託契約に基づく信託受益権(6000万円まで)