代償分割は、特定の相続財産を1人の相続人が相続した際に、他の相続人に代償として金銭などで支払う分割方法です。

土地など現物分割が難しい相続の場合に、行われます。

特に、事業承継などの場面では、後継者が土地建物や株式を相続し、他の相続人に金銭を支払う方法がよく使われています。