「動産の相続手続」の記事一覧

動産の移転手続

動産の相続手続

動産の中でも、自動車や船舶などは登録制度があり、所有者が変われば移転手続が必要です。 自動車の登録手続については、管轄の運輸局に確認が必要です。 なお、軽自動車やバイクについては、管轄が行政であったり、外郭団体であったりしますので、まずは行政庁に管轄窓口を確認してから、手続を行ってください。 船舶の登録手続は、漁船法などに定められています。 役所に農林水産課などに、どのような手続が必要かを確認してください。各種の法律が関係しています。 なお、登録の必要のない通常の動産については、引き渡しのみで移転手続は終了です。 所持している者が、所有者と推定されます。

動産の名義変更必要書類

動産の相続手続

自動車や船舶の名義変更に必要な書類は、各管轄官庁にお問合せいただく必要があります。 が、概ね下記のような書類が必要です。 被相続人の戸籍謄本等(死亡事実を証明する) 相続人全員の戸籍謄本等 遺言書・遺産分割協議書(誰の名義にするのかの証明) 申請書 手数料納付書 自動車検査証(自動車の場合) 車庫証明(自動車の場合) 自動車税納付済証(自動車の場合)

ページの先頭へ