相続放棄をした者は、初めから相続人とならなかったものとみなされます。 そのため、相続放棄した者は代襲相続も起こらないため、相続手続を進めるに当たっては、調査して相続人から省いておく必要があります。 相続放棄の調査は、法定相続人へのヒアリングを行います。 相続放棄を行った者がいる場合には、家庭裁判所から相続放棄申述受理証明書を取得して、各種手続に使用します。 相続放棄者が不明の場合は、利害関係人から家庭裁判所へ紹介を行うことができます。