秘密証書遺言は自身で作成した遺言を公証役場に持参して、公証人に存在を証明してもらう遺言です。 公正証書にしますので、証人2人必要です。 遺言書の中身はワープロ等で作成しても問題ありませんが、署名は自筆でなければいけません。   公証役場で、公証人及び証人の立会いの下、 1 遺言の日付確認 2 遺言者、証人の署名押印 3 遺言書の封印 を行います。 なお、秘密証書遺言の要件を満たしていなくても、自筆証書遺言の要件を満たしている場合は、自筆証書遺言として有効に扱われます。