「相続手続きの流れ」の記事一覧

相続が開始したら

相続手続きの流れ

人が亡くなると、相続が開始します。 突然のことで気が動転して、落ち着くまで、相続どころではないかもしれません。 特に、長い間、介護や看病を続けてきたケースでは、遺族も疲労困憊しています。 自分たちの生活を取戻し、大切な人が亡くなった悲しみが癒えてくるまでは、なかなか動けないでしょう。 しかし、相続税の申告期限は原則10か月と定められていますし、他の相続人たちが催促してくる可能性があります。 相続手続きは誰でも行えますが、手続はなかなか複雑です。 ある程度、時間の余裕を持って取り掛からなければなりません。 当サイトでは、相続が開始してからの流れに沿って手続きを詳細に解説していきます。 遺産相続手続きで路頭に迷わないように、活用してください。

相続手続きの流れ

相続手続きの流れ

相続手続きは、以下の図の順に行っていくのが通常です。 相続人を確定する          ↓ 戸籍などを調査します 遺産の範囲を確定する          ↓ 金融機関や不動産などを調べます 遺産を評価する          ↓ 遺産を金銭的価格で評価します 遺産分割協議を行う          ↓ 相続人で分割方法を決めます 分割した各遺産の名義変更手続き   各項目について詳しく説明していきますが、大枠は上記のとおりです。

ページの先頭へ