任意後見人の業務は、契約内容によって異なります。

一般的な業務について説明していきます。

本人の財産や貴重品の管理

通帳や不動産の権利証、株式証券などを預かり、適切に管理します。

後見人は財産維持を基本としますので、投資などは行いません。

各種手続

行政庁への届出や、病院や施設への入所契約などを行います。

本人の状況確認

ご自宅や施設などに伺い、本人の生活状況を確認します。

適切なサービスが必要であれば、サービス事業者を手配したり、施設入所を検討します。

昨今であれば、虐待等がないかどうかも、注意して確認します。