セミナーや講演のご質問で多いのが、後見人の報酬額についてです。

書籍等でも、なかなか明確に記載しているものが少ないこともありますが、制度を利用するにあたって関心があるのは当然です。

まず、成年後見制度のうち、法定後見制度を利用する場合には、後見報酬は家庭裁判所が決めます。

本人の財産に応じて額を決めますので、収支が赤字になることはありません。

一方、任意後見契約は、契約です。

契約内容は個々によって異なりますし、後見人によっても業務はさまざまです。

ただ、一般的には1~5万くらいの間で設定している専門家が多いと思います。

それに、任意後見監督人の費用が加わります。

なお、任意後見監督人の監督費用は家庭裁判所が決めます。

年に数万程度が多いと思います。