相続開始後であれば、遺産分割協議をいつでも行うことができますが、下記のように遺産分割を禁止することもできます。

・遺言による遺産分割の禁止

5年を超えない期間に限られますが、遺言で遺産分割を禁止することができます。

・共同相続人の協議・調停で分割を禁止

共同相続人が協議・調停をして分割を禁止することができます。

この場合も、期間は5年ですが、5年を超えない範囲で延長できます。

 

遺産分割の禁止はあまり活用されていませんが、何か特別な事情がある場合には、検討してください。