遺言執行者は、遺言者の意思を実現するために、遺言内容に従って遺産の処分を行います。

法律上は相続人全員の代理人とみなされていますが、あくまで遺言内容を実現する立場ですので、相続人の思惑とは一致しないこともあるでしょう。

遺言執行者は多くの場合、遺言者が遺言作成時に指定します。

遺言の中に、「○○を遺言執行者として指定する」と記載しておくのです。

ですから、遺言を書く際には遺言執行者も定めておくほうが、自己の意思実現のためには有効です。

遺言執行者には、誰でもなれます。

家族の内の誰かでもいいですし、行政書士や弁護士などの専門家でも構いません。

ご自分の意思を的確に実現してくれる、信用できる人を選びましょう。