後見を申し立てる際に、任意後見監督人を選任してもらいます。

新しい用語が出てきましたが、難しくはありません。

任意後見監督人は、後見人の業務を監視・監督する役割を担う人になります。

後見人による、財産の横領や業務怠慢を防止する目的があります。

この任意後見監督人に選任されるのは、弁護士・司法書士・社会福祉士などの専門職が通常です。

また、皆さん気になるところですが、任意後見監督人の監督費用についても後見人の財産から報酬を支払っていくのが一般的です(監督人の申立があった場合)。

ですから、任意後見における専門職への報酬は後見人と任意後見監督人にも支払う必要があります。