付言事項は、法的拘束力はありませんが、遺言に記載する遺言者の意思表示です。

別に記載義務はありませんので、書かないケースも多いです。

しかし、遺言者がどのように考えて遺言を作ったかを明らかにしておくと、相続争いを防げる可能性があります。

例えば、

「相続人A子は、私の体が不自由になってから献身的に介護してくれた。それに報いるため、A子に自宅不動産を相続させたい」

などと付言事項で記載しておけば、他の相続人は納得しやすいです。

相続人間が疎遠であったり、特定の者に遺産を多く与えたい時などに利用します。

当事務所では、相続争いをできるだけ防ぐという目的の下、なるべくなら付言事項を記載するようにアドバイスしております。

遺言作成を検討しておられるなら、付言事項についてもお考えください。