相続人の調査は、戸籍を取得して行います

親族の範囲が狭くて相続人は分かりきっている場合でも、遺産相続の各種手続きに戸籍は必須です。

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等を取得して、調査を開始してください。

遺言等がなくて遺産分割協議を行う必要がある場合には、相続人の住所も必要となります。

戸籍の附票が住民票も併せて取得して、遺産分割協議に備えます。