M&Aという手法もある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

M&Aは、企業の合併と買収を意味します。

後継者が見つからない、育成できない中小企業が増えていることから、近年は増加傾向です。

 

ただ、M&Aは会社の価値を金銭評価して売却しますので、仲介業者や税理士、弁護士、公認会計士、金融機関などさまざまな専門家が介入します。

そのため、掛かる費用が大きくて、M&Aを断念して廃業を選ぶ事業主も少なくありません。

 

M&Aの手法には、大きく分けて会社全部を譲渡する方法と、会社の一部を譲渡する方法があります。

以下、説明していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。