同族内で事業承継を行う流れは、

①後継者候補の選定

②後継者候補の育成

③会社資産の承継

という流れになります。

 

①後継者候補の選定

子どもなど、同族内で承継させる場合には、早くから候補者を選定する必要があります。

古参の従業員たちも納得のいく選定をしなければ、思わぬ離職を生む結果となる場合もありますので、注意が必要です。

 

まず、同族内で候補に該当する者がいるかどうかを、検討します。

候補者がいる場合には、取引先や会社役員、金融機関等の理解が必要です。

前述しましたが、金融機関は社長が交替すると資金を引き揚げることがあります。