後継者候補が決まったら、後継者としての教育を行います。

社内教育と社会教育の2つに分けて考えます。

 

社内教育については、

①社内の各事業部門の業務を経験させる

②社長の秘書にして、経営者の業務を指導する

③専務など責任のある立場で、部下指導を学ばせる

等があります。

社内業務を把握しながら、人望を得られるように育成するのがコツです。

 

社会教育としては、

①経営者教育(セミナーなどへの参加)

②同業他社の視察や研修

③関連会社への出向(できればトップとして)

等があります。

経営者としての資質を磨く育成です。