故人が無くなる前に、献身的に介護していた者がいる場合は、遺言を書いておくほうが良いケースです。

たとえ相続人であったも、法定相続分通りであれば、全く介護に関わらずに疎遠であった他の相続人と同じ持分になることがあり得ます。

別に、介護者は相続目当てではなく尽したと思いますが、やはり何らかの形で報いてあげたほうがいいですし、相続開始後に不満が噴出する可能性が出てきます。

長男の妻など相続人ではないケースでは、なおさらです。

遺言書がなければ、全く相続権がありません

残った親族で上手く遺産分割をしてくれると思うのは間違いで、多くの場合は争いになったり、感情的な対立となります。