再婚していて、先妻との間に子供がいるケースは、特に争いがよく起きています。

先妻の子と後妻は共に相続人となりますが、過去の感情のしこりからか、なかなか遺産分割に合意できませんし、そもそも険悪な仲であることがあります。

稀に非常に仲が良く、上手くいっている関係もありますが、そうでないケースが圧倒的に多い。

高齢で再婚した際には、後妻は遺産目当てで結婚したのではないかと周囲から勘繰られることもありますので、本当に要注意です。

自分亡き後に平穏な親族関係でいてもらいたければ、何らかの対策は必要でしょう。

また、自宅を所有しており後妻が住んでいる場合には、相続開始後に後妻が自宅を追い出されないように分割しておかなければいけません。

過去に、何度も自宅を売却せざるを得なかった後妻の方を見てきました。

くれぐれも、要注意なケースであることは間違いありません。