相続人が誰もいない場合は、家庭裁判所が選任した相続財産管理人が債権・債務の清算を行います。

清算手続きが終了したら、遺産は原則として国庫に帰属します。

国に遺産を全て与える形になります。

日本の将来のために大切に使用してほしいとの願いがあれば別ですが、これまでの人生でお世話になった人や大切な人たちに遺産を分与したいのが普通の感情ではないでしょうか。

自分亡き後、葬儀や供養でお世話になる人もいることでしょう。

何もしなければ国庫に帰属してしまうため、遺言はもとより、生前にある程度贈与しておく方法がお勧めです。