財産がなく、身寄りもほとんどない。

相続人も配偶者だけといったケースでは、争いが起こる可能性が低いため、遺言の必要性は低いかもしれません。

遺言以外のエンディングノートなどで意思表示は残したほうがいいとは思いますが、少なくとも法的形式が整った書面にすることはないでしょう。

ですが、いろいろな相続のケースを見ていると、遺言書を遺しておいたほうがいいケースは確実に存在します。

遺言書がないとトラブルが起こりやすいケース、遺言書を遺していたらトラブルを防げたかもしれないケースがあるのです。

このカテゴリーでは、遺言が必要な、または、遺言があればトラブルが防げるかもしれない典型的ケースをご紹介していきます。