・遺贈

遺言で相続人以外の人に財産を贈与できます。

これを遺贈といいます。

遺産の一定割合を与えることも、特定の財産を与えることもできます。

 

・寄付

遺言で財産の全部または一部を寄付することができます。

財団法人を設立するために寄付することもできます。

 

・信託

遺言で、信託銀行などに財産を預けて、遺産の管理や運用を委託できます。

福祉信託などを活用すれば、特定の人に信託財産から定期的に遺産の一部を与えることもできます。