・未成年後見人の指定

未成年者の後見人や後見監督人を、遺言で指定できます。

ただし、親権者がいない場合に限られます。

 

・認知

遺言で婚外子(非嫡出子)を認知することができます。

生前でも認知はできますが、配偶者や親族の手前、なかなかできない方がおられます。

自分が死んだ後くらいは、非嫡出子に権利を与えたいと思う心情のようですが、生前に周囲を説得して行ったほうがトラブルは少ないように思います。

いきなり認知された子供が現れる場面はたしかにありますが、何も聞かされていない親族は面食らってしまいます。

認知された子供には相続権が発生します。