遺産分割協議が終了して、全ての相続人の合意が得られたら、遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書の作成は義務ではなく、金融機関の相続手続においても必ず添付を要求されるわけではありません。

金融機関の定めた書式に、相続人全員の署名押印で手続が進むケースは多いです。

しかし、相続人間の後日の紛争を予防する観点からすれば、合意内容を明確にしておくために作成するべきです。

なお、遺産分割協議書は登記手続の際には登記原因証書として利用できます。