遺留分とは、遺言者の意思で作成した遺言によっても侵害できない相続分のことです。

言い換えれば、最低限相続できる法定相続人の権利ともいえます。

 

例えば、遺言者に妻子がいるが、第三者に全ての財産を与えたしまった場合、残された妻子は生活に困ってしまうかもしれません。

そのような場合にでも、法は最低限の相続を妻子に認めています。

遺言者の自由な意思は尊重するけれど、残された者の権利との調整をしているのです。

 

この遺留分が認められるのは、兄弟姉妹以外の法定相続人です。

ですから、兄弟姉妹以外の、配偶者、子、父母など直系尊属には遺留分があります。