遺留分は被相続人の生前に、放棄することができます

もちろん放棄を行うのは相続人ですので、その意思がなければいけません。

しかし、生前であれば遺留分を侵害してしまうけれど、こういう事情があるので放棄しておいてほしいと依頼できます。

自分の目の黒い内に、相続人間のトラブルを事前に防ぐ方法としては、有効です。

実際にも、相続開始後に遺留分侵害請求されないように、相続人全員を集めて説得して放棄してもらった例がありました。

遺留分の事前放棄は、家庭裁判所に以下のような書類を提出して行い、許可を得ます

 

○遺留分放棄の書類

・申立書

・申立人の戸籍謄本等

・被相続人の戸籍謄本等

・財産目録