遺留分を持つ法定相続人は、自己の遺留分が侵害された場合には、取戻し請求ができます。

これを遺留分減殺請求といいます。

 

遺留分減殺請求の方法は特に定められていません。

口頭での意思表示でも単なる書面でもできますが、通常は内容証明郵便を用いることが多いでしょう。

後々、証拠として残しておけるからです。

当事者同士で解決できない場合には、訴訟等の手続きに移行します。

 

遺留分減殺請求の期限は、相続開始および遺留分侵害を知ってから1年、相続開始から10年です。

なお、相続開始前1年以内の贈与についても、減殺請求の対象になります。