自社株承継対策として、株式の一部を譲渡制限する方法もあります。

例えば、議決権のある株式に譲渡制限を行い、議決権制限株式には譲渡制限を付けない方法などが考えられます。

議決権のある株式の譲渡を会社が管理すれば、経営権確保できますので有効な方法といえます。

 

具体的には、

①議決権制限株式をあらたに発行する

②既に発行している株式の一部を譲渡制限株式とする

方法があります。

 

いずれも株主総会の特別決議等が必要です。