公正証書は、全国に約300か所ある公証役場の公証人が作成する公文書です。

公文書ですから高い証明力があります。

金銭債務などの請求時に、通常なら裁判で判決等をもらって強制執行を行いますが、公正証書を作成しておけば裁判所の判決などを待たないで直ちに強制執行手続ができます。

 

公正証書には、遺言公正証書、任意後見契約公正証書、金銭の貸借に関する契約や土地・建物などの賃貸借に関する公正証書、離婚に伴う慰謝料・養育費の支払に関する公正証書などがあります。
なお、法律上、任意後見契約や事業用定期借地権の契約書は公正証書にしなければならないことが定められています。