日常生活自立支援事業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会福祉協議会が、判断能力が不十分になってきた高齢者や知的障害者等の現金や不動産の権利証等の管理を行ってくれる事業です。

ただし、このサービスを利用するためには、社会福祉協議会と契約を締結しなければいけないため、利用者に契約能力が残存している必要があります。

または、後見人が既に付いていて、後見人が社会福祉協議会と契約を行います。

月額費用1000円~3000円程度で利用できますので、大変な人気です。

なかなか利用できないほど、申込者・利用者がたくさんいます。

どこの社会福祉協議会に問い合わせても、何か月か利用を待つことが多いので、すぐに何らかの財産管理の必要性がある方は使えません。

もしくは、申し込んで順番待ちにしておいて、空きができるまでは別のサービスを利用しておくという方法もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。