任意後見制度を説明する前に、前提として成年後見制度を知っておかなければいけません。

成年後見制度とは、知的障害、精神障害、認知症などで判断能力が低下した人に、成年後見人(保佐人・補助人)を付けて、財産の管理や身上監護によって支援する制度です。

何だか難しい言葉が出てきましたが、要するに、認知症などで自分の判断能力が無くなってきた時に、他人に財産を奪われてしまったり、虐待を受けたりしないために、支援してくれる人をお願いするシステムです。

本人の判断能力の程度によって、支援してくれる人が、後見人・保佐人・補助人(法定後見制度)に分かれます。

まずは、成年後見制度の概要を掴んでください。