任意後見には、主として3種類の契約形態があります。

1、将来型

将来判断能力が低下した時に支援してもらえるように、契約を締結する。

が、元気なうちは後見人候補者の業務は発生しない。

一番、オーソドックスな形です。

2、移行型

本人の判断能力が低下しないうちから、後見人候補者に財産管理などの業務を依頼する。

判断能力が低下した際には、すみやかに後見制度に移行する形です。

判断能力が低下しないうちは、後見ではありません。

ただの委任契約です。

3、即効型

判断能力が低下しつつある時に、すぐに支援が必要で契約を結びます。

契約後、すぐに後見が開始しますが、契約能力に疑問が残る場合もありますので、慎重に利用してください。