妻以外の女性とずっと交際を続けてきた場合で、財産分与したいというケースは多いです。

妻との婚姻関係が、事実上は破綻しているケースもありますね。

ただ、何らかの事情で離婚ができない。

法的な婚姻関係になければ相続人にはなれませんから、生前贈与か遺言を書くかになるでしょう。

「遺産」とのご相談ですので、遺言をお考えでしょう。

ただし、注意が必要なのは遺産を「全て」、妻以外の女性に与えるのは危険です。

公序良俗違反となり、遺言が無効になるおそれがあります。

遺言を無効にしないためには、妻や子の遺留分に配慮しながら、付言事項にも理由を記載して遺言書を作成するのが良いと思います。