相続開始後、遺言が無効だと思っても、いきなり訴訟することはできません。

訴訟の前に、家庭裁判所に調整を申し立てる必要があります。

これを調停前置主義といいます。

なお、遺言無効の主張の相手方は、遺言を有効としている相続人全員です。

遺言書を本人が作成している場合でも、強迫や詐欺によって書かされたものではないかが争われます。