スマホやタブレットの普及、デジカメが手軽に使用できる時代になったことで、紙の遺言以外に、動画の中に個人の意思が残っている場合があります。

今後、ますます動画撮影が一般的になれば法改正もあり得ますが、現在のところ、遺言の要件に署名押印が必要ですので無効となります。

ただし、動画が故人の明確な意思を表現していれば、それを見た相続人たちも意向を無視して遺産分割することは考えにくいです。

法的効果はありませんが、ある程度、故人の意思が尊重されると思われますので、全く無駄とは言えません。

きちんと書面で遺言を残し、動画も撮影しておくのが一番良いでしょう。