自分が選んだ人に、将来自分が認知症で判断能力が低下した際に後見人をしてほしいという希望は多いです。

成年後見制度のうち、法定後見制度であれば候補者として自分が選んだ人を書いて申立ができますが、最終的に後見人を選ぶのは家庭裁判所です。

そのため、自分が選んだ人以外が後見人に選任されることも、しばしばあります

特に何らかの争いや親族間がもめている場合などであれば、概ね専門職が選任されます。

 

自分で選んだ人に後見人を依頼したい場合は、任意後見制度を利用するべきです。

任意後見であれば、自分が元気なうちに、自分が希望した人と契約を締結しておくことができます。