企業の海外進出が盛んですので、海外で生活している日本人が増えています。

日本国籍をお持ちであれば、日本の民法に基づいて遺言を作成するのが一般的です。

公正証書遺言については、日本領事館の領事に公証人の代理を依頼して作成することができます。

ただし、海外で遺言を作成した場合であっても、日本にいる相続人などにその旨を伝えているほうが、後の紛争を予防できると考えます。