Q 自分の死後、ペットの世話を頼みたいのですが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットを飼う方が増えています。

独居世帯が増加しており、ペットは心を癒してくれたり、家族のような存在になったりして、日々の生活を張り合いのあるものに変えてくれます。

表題の悩みは、高齢者の一人暮らしでは多いです。

自分亡き後、可愛いペットの世話は誰がみてくれるのか、と。

ペットの世話をするには金銭的負担が伴います。

このようなケースでは、負担付の遺言を書くとよいでしょう。

遺言により、世話を頼む人に財産を遺贈し、遺言書の中にペットの面倒をみる旨を盛り込みます。

負担付遺贈と言い、よく使用されている方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。