15歳に達していなければ、遺言はできません。

15歳未満の者が残した遺言は、無効となります。

 

また、成年被後見人が遺言する場合には、判断能力が一時回復したことを証明するために、

医師2人の立会いが必要となります。

 

その他、遺言で経済的利益を分与されていても、相続欠格や廃除を受けていれば、相続権はありませんので、注意が必要です。